リフォームで実践したいおすすめアイディアとは?

>

リフォームとリノベーションの違いとは?

部屋の中の大部分を占めている壁

部屋の中で壁面というものは多くの面積を占めているのではないでしょうか?
この壁面をどう演出していくかによって室内の雰囲気はガラッと違うものになっていくでしょう。

たとえば引き戸タイプの可動式間仕切りによって部屋を区切れば、使い勝手のいい空間を作り上げることができそうです。
急な来客があっても「動く壁」を使って見せたくないものを隠してしまうこともできますし、人がたくさん集まるという時にはすべてを開け放って広々としたパーティースペースを作ることもできるのです。
大人数が集まることができるというのを利用して料理教室などを開きたいというなら、可動式のアイランドカウンターなどを設置してみるのもいいかもしれません。

また上部に空間のあるパーテーションタイプの壁なら風通しも良く、自己流にアレンジしやすいというメリットもあるようです。

様々な特性を持つ塗料

あえてコンクリート打ちっぱなしの壁にすることでハードで洗練された雰囲気を演出するという場合もありますが、ほとんどの場合は塗装をしたり壁紙を貼ったりして壁面を仕上げることになると思います。
コストや扱いやすさを考えると一般的な住宅では壁紙が使用されることが多いようですが、リフォームして個性的な住宅を手に入れたいというなら塗装という方法も考えてみたいものです。

塗料はその組み合わせによって自由に色を作り出すことができるというだけでなく、最近は塗装することで黒板のようにチョークで文字や絵を描くことができるという塗料や、鉄の粒子が入っていて磁石が付くようになるマグネット塗料、ホワイトボードのような仕上がりになるスケッチペイントなど遊び心や利便性を追求した塗料がたくさん用意されているといいます。


Share